sete 3回目顔面頭蓋の調整と咀嚼筋

「表情筋の基盤:頭蓋骨(顔面頭蓋)のアライメントの正常化」

3回目では、頭蓋骨の残りの部分であります「顔面頭蓋」と「縫合」と呼ばれる部位へアプローチをおこなってゆきます。「顔面頭蓋」は、「脳頭蓋」に比べて全体的に骨が小さく、表情筋が多く付着する部位であり、目や鼻、口といった顔の中でも重要な器官に関連する部位でもありますので、繊細なタッチで、「顔面頭蓋」と「縫合」のバランスを整えてゆきます。また3回目でも引き続きSMASやリガメントへアプローチしてゆきます。

PRICE MENU
sete 3回目 (60~70分)7,000円